赤帽も含め引越し業者の3月は繁忙期です。進学先に引越す学生さんや就職が決まって引越す方、転勤によりファミリーで引越す方などが集中して人手や車が足りなくなり引越しの費用も高騰してニュースからは「引越し難民」という言葉が流れています。3月の引越しで予約できなかったり需要が多すぎて高額の為、3月の引越しを諦めた人達を指しているようです。

3月の大手業者の引越しは高額

ある大手業者に引越しを依頼された方の話をテレビでやっていましたが埼玉から東京のファミリー引っ越しが100万円。普段の4~5倍だそうです。ここまで高額だと諦める人が居て当然だと思います。単身引越しならそこまでではないと思いますが・・・。お客様に聞いた話によると単身引越しでも普段では考えられないような高額な見積金額を提示する業者もあるみたいです。おそらくお客様の足元を見て別に頼んでくれなくてもいいしもしこの金額で契約してくれればラッキーぐらいに考えているのでしょう。

引越し業者全体本当に空きがないのか?

車や人手が足りないのは事実ですが依頼や問い合わせが大手業者やお客様の検索キーワード上位に集中しているだけで日時に融通が利けば意外と手配は容易です。じっくり探せば必ず良い業者が見つかると思います。単身のお引越しの場合は赤帽+お住いの市町村名で検索し何件かお問い合わせいただければ見つかると思います。

赤帽の大阪から3月の引越しまだ空きがございます

赤帽松村運送店の大阪からの3月の引越しまだ空きがございます。新しい進学先や職場は決まったし新居も決まった。なのに引越しできない。新しい生活への不安もある中こんな状況になればかなりのストレスになると思います。引越し難民にならないように早めにご連絡下さい。赤帽の引越しなら大手業者のような高額になりません。お客様が新しい生活を気持ちよく迎えられるようにできるだけ手配させていただきますので3月の大阪からの引越しでお困りの方はお気軽にご連絡ください。赤帽で大阪の引越し